<   2008年 08月 ( 12 )   > この月の画像一覧   

千 種 高 等 学 校の高校情報   

2008年 08月 30日

今日は千 種 高 等 学 校情報を紹介します!

偏差値  58・0   内申点  42

 特長(校風)    本校のクラス活動ではホームルーム運営委員会があり、ホームルームの時間の使い方を生徒が中心になって考えます。1年生の前半は教師も多く助言しますが、その後は生徒だけでクラスのいろいろな活動をわずかな助言でどんどん進めていきます。生徒の活動に対して教師は室長(クラス長)など、係りの生徒に助言をし、見えないところで支えるように努めています。そのため、両者の信頼関係は非常に厚いです。
1・2年生では全員ほぼ共通の教科・科目を学習します。3年生では、生徒各自の適性・進路に応じて文・理の2つの類型に分かれ、さらに細かく選択科目が設けられています。
本校は「学び合う雰囲気」に溢れています。例えば、テスト前には「自主ゼミ」を実施し、
授業後に生徒が講師となり、教えあい学びあうことでお互いが高めあえる環境を備えています。

部活動  

(運動部)
サッカー部(男)、バレー部(男女)、バスケットボール部(男女)
ハンドボール部(男女)、ソフトテニス部(男女)、剣道部(男女)
ラグビー部、陸上競技部(男女)、野球部、水泳部(男女)、卓球部(男女)

(文化部)
英語部、自然科学部、文芸部 、写真部、美術部、合唱部、 吹奏楽部
演劇部、茶道部、 華道部、映画研究部、新聞部、 囲碁・将棋部
クイズ研究部、討論部     
[PR]

瑞 陵 高 等 学 校の高校情報   

2008年 08月 29日

今日は瑞 陵 高 等 学 校の高校情報について紹介します!
(学科・コース)   普通(普通コース・コスモサイエンスコース)/食物科・全日制/定時制   
(住所)       〒467-0811 名古屋市瑞穂区玉北原町2-1 

偏差値  57・0   内申点  41


特長(校風) 普通科・普通コースで は、一人一人の生徒の進路希望、適正、興味・関心に応じて学習活動ができるように、1・2年では、基礎・基本を重視して、共通の科目を履修します(芸術は 音楽・美術・書道から選択ができます)。3年生では、文系・理系の類型選択をはじめとして、進路希望に応じた教科・科目の選択ができるようになっていま す。
 普通科・コスモサイエンスコースでは、普通コースの教育課程をベースにしながらも、普通コースよりも数学、理科を多く学べる編成になっており、国際的な視野をもって科学研究を行う人材を育てることを目指します。
 食物科は、食生活の専門的な知識(栄養、食品など)や技術(日本・西洋料理など)を身につけることのできる県立高校としては唯一の学科です。専門性を高める授業のほか、情報化社会に対応できるようコンピュータを活用する授業もあり、関連する資格取得をも目指しています。  
本校では、平成14年度から始まった学校週5日制を積極的に受け止めて、より良い学校づくりにつなげようと考え、平成14年度から32単位65分 5限授業の実施を決定しています。これを成功させるために最大限の努力を続けています。
本校の生徒たちは、大部分が大学進学志望です。補習(夏季・平日)・添削・小テスト等各教科の特色を生かしたきめ細かい指導と、コンピュータ処理をもとに本人・保護者・担任でじっくり話し合って一人一人の進路を決めています。
 
部活動  

(運動部) バドミントン、卓球、バスケットボール、バレーボール、硬式野球
テニス、柔道、剣道、弓道、サッカー、ラグビー、ハンドボール
陸上競技、水泳、山岳、ソフトボール
(文化部) 美術、物理、化学、生物、ギター、吹奏楽、演劇、映画研究、放送、写真、茶道、華道、新聞、棋道、ダンス、文芸同好会、国際交流同好会、美術、物理、化学、生物、ギター、吹奏楽、演劇、映画研究、放送、華道、新聞、棋道、ダンス、文芸同好会、国際交流同好会      
[PR]

昭和高校の高校情報   

2008年 08月 26日

今日は、昭和高校の高校情報について紹介します。

偏差値  53・0    内申点  37

1  学習について
  生徒の多様な進学希望と特製に応じて、カリキュラムを編成している。第一学年ではほとんどの科目が共通履修で、特に基礎的・基本的事項の習熟に重点をおいている。第2学年では文型・理系の類型に分かれて得意科目を伸ばし、個性の伸長と進路に応じた学習を進めている。文型は国語・社会・英語の時間数が多く、理型は数学・理科の時間が多くなっている。第3学年では各類型のなかでさらに希望科目を選択することにより、進路希望の実現と学習の深化を図っている。

2  進路について
  将来の人生設計に基づいた進路選択ができるように、各学年ごとに指導方針を設けて、3年間を通して一貫性のある指導を行っている。さらに、第2学年からの文理選択・第3学年からの科目選択など、きめ細やかな指導にとって個人の特性を伸ばすとともに、希望する進路の実現に必要な学力がつくように指導している。また、大学説明会・進路講演会の他に、先輩から直接大学の話を聞く機会を設けてより具体的に進路を考えることができるようにするなど、書籍以外の進路情報の充実にも努めている。

3  クラブ活動・部活動
運動系20部、文科系22部があり、どの部も意欲的に活動している。2007年度は陸上部やバドミントン部、卓球部、ラグビー部、ハンドボール部、吹奏楽部などが県大会に出場するなどの活躍をしている。また、県下有数の天文ドームをもつ天文気象部もすぐれた活動をしている。
[PR]

松陰高等学校   

2008年 08月 25日

今日は、松陰高等学校の学校情報について紹介します!

偏差値  51.0    内申点  36

1. 学習について
  1年生では芸術科目を除いてすべてを必履修とし、高校での学習の基礎を固めるようにしている。2年生では文系コース、理系コースのコース選択をおこなっている。3年生では文系・理系に分かれ、教科・科目に一層の選択の幅を広げ、進路、適性に応じて学習できるようになっている。さらに、3年生については、応用力を要請する講座を設定したり、長期休業中に補習授業や学習合宿を行うなど、生徒の進路希望を実現するための学習向上に努めている。

2. 進路について
  生徒に自己の能力、適性等に応じた進路設計をさせ、その希望を最大限にかなえられるよう、きめ細かな進路指導を行っている。

3. クラブ活動・部活動

  運動部15部、文化部15部が、学習との両立を重視しながら活動している。全国大会に出場する部、県大会の常連など、それぞれ伝統に根ざして良い成績を残そうと一生懸命活動している。
[PR]

桜台高校の高校情報   

2008年 08月 21日

今日は桜台高校の高校情報について紹介します!!

偏差値  56・0   内申点  41


1.学習について


  次代を担う若者として望ましい、自ら学ぶ力と生きる力を持った、バランスのとれた人格を育成を目指してカリキュラムを編成している。2年生までは一部教科を除いて共通の教科・科目を履修し、文系・理系とも大学入試に対応できる実力の養成に力をいれている。

2.進路について

  大半の生徒が地元大学、とくに地元国公立大学への進学を希望する一方、関東・関西地区をはじめ全国各地の大学を目指す生徒もいる。このため、進路指導の一層の充実をはかって、進路指導室・資料室の整備、生徒用進路資料の充実、進路情報検索のための生徒進路情報インターネットの配備などを実現し、生徒一人ひとりの多様なニーズにこたえている。また、夏季特別講座など、授業はもとより、多様な方法できめ細かな学習指導、進路指導を行っている。

3.クラブ活動・部活動

  部活動は、文化やスポーツを通して豊かな人間形成を行う場である。現在は、19の文化部と、15の運動部があり、自主的に定められた計画に基づき、規律ある楽しい活動を、年間を通じて展開している。
[PR]

向陽高校の高校情報!!   

2008年 08月 20日

今日は、向陽高校の高校情報について紹介します!

偏差値  59・0    内申点  43

1. 学習について
  「日々の授業を大切にすること」は、向陽高校のすべてのペースだ。この考え方が学校全体に浸透しているため、生徒一人ひとりが授業に対して常にまじめに取り組んでいる。また、学校5日制になっても授業時間を確保できるように、2002年度より65分×5時限の授業形態になりった。3年生からは、文系・理系に分かれるが、2年生までは全員がほぼ同一の内容をまんべんなく学ぶため、自分の将来じっくりと考えることができる。
  2006年度、文部科学省から、スーパーサイエンススクール(SSH)に指定された。

2. 進路について

  本校生のほぼ100%が大学進学を希望しており、進学先は名古屋を中心に、北海道から九州まで全国に広くわたっている。本人の意志を尊重し、自分の能力・個性に合った進路が選択できるよう、学級担任・進路指導部を中心に新味になって相談に応じている。進路指導室では、生徒がそれぞれインターネットで大学の情報を自由に検索できるほか、進路関係の資料や入試問題集の閲覧も可能だ。常時開放されており、毎日多くの生徒が利用している。

3. クラブ活動・部活動
  文化部が17、運動部が17あり、厳しくも楽しい部活動が活発に行われている。
  毎年いくつかの部が全国・東海大会へ出場し、2007年度はホッケー部(女子)、ハンドボール部(女子)、管弦楽部、放送部が全国大会へ出場している。
[PR]

北高校の高校情報   

2008年 08月 19日

最近、北京オリンピックでの日本の活躍に感動させられっぱなしです!
夏のオリンピックは4年に一度…終わってしまうことが寂しいですが、4年に一度だから楽しみなんでしょうね!
最後まで頑張ってほしいです!

さて、
今日は「名古屋市立北高等学校」の高校情報について、紹介します!


偏差値  47.0  内伸点  32
1.学習について  教育目標を達成するため、第1学年では、全員が共通の科目を学習して基礎学力を固め、自己の特性・進路を見定めている。第2学年からは、各自の特性を伸ばし、志望する進路に向けて効果的な学習ができるように、A類(3教科型)、B類(5教科型)に分かれる。進路目的に従い、科目を選択することにより重点的い学んでいる。第2学年を対象として英語と数学の土曜講座を年15回実施し、進学のための基礎力養成を行う。

2.進路について

  進路指導室には進路に関する多くの書籍、資料、ビデオなどが用意され、生徒は自由に閲覧したり借りることができる。また、面談室もあり、学習面や進路についての個人的な相談にも気軽に応じている。また、各自の進路決定をよりよいものにするため、生徒や保護者を対象とした進路説明会、進路講和などを実施し、意識の高揚に努めている。

3.クラブ活動・部活動・その他

  生徒の自主活動を尊重する校風を反映し、生徒活動が活発。行事は学校祭(例年9月)を中心として、各学期に展開されている。部・同好会活動は1年生は全員参加、2・3年生は自由参加だが、個性の伸長と人格の陶冶を目指して、多くの生徒が真剣に励んでいる。一昨年は音楽部が全国大会出場を果たしている。また、他の運動部、文化部においても、いくつかの部が県大会・東海大会に出場している。
[PR]

菊里高校の高校情報!!   

2008年 08月 18日

今回は、菊里高校の高校情報について紹介します。

偏差値 60・0   内申点 43

1.学習について
 よい個人となるだけでなく、国家・社会のよりよい一員を育成するため、知・徳・体の調和のとれた人間形成を目指している。各教科・科目及び特別活動の相互の関連を図りながら、全体としてバランスのとれた教育課程を編成している。2年生まで基礎・基本の学習に重点をおき、一部の教科以外は教科・科目を共通に履修する。3年生では、文系・理系のクラス編成をし、選択科目を多くすることによって、生徒が自己の適正・進路に応じた学習がしやすい配慮にしている。

2.進路について


  ほぼ全員の生徒が大学進学を希望しているが、大学合格そのものを目的とするのではなく、生徒自らが将来の進路を決め、その実現のために進学先を選ぶことができるようになることを指導の基本にしている。そのため、大学入試に対応できる学力をつけるような学習指導はもちろんだが、各大学の募集要項や多彩な職業のガイドブック等を進路指導室のそろえ、生徒の進路決定のための情報提供・助言を行っている。

3.クラブ活動・部活動

  運動系部活動15、文科系部活動(同好会含む)19があり、原則として全員参加で活動している。体操部、陸上部、バスケットボール部、バレーボール部、ソフトボール部、卓球部、テニス部、水泳部、吹奏楽部、放送部、筝曲部などがすばらしい成績を残している。
[PR]

惟進高校の高校情報   

2008年 08月 12日

今回は惟新高校の高校情報について紹介します!

偏差値 43・0  内申点 28

1.学習について

 教科を中心とした学習活動と特別活動とのバランスを図っている。
 教科・科目の履修は、1年生では芸術の科目を除いてすべて共通で行います。2年生からA類型(文系)、B類型(理系)に分かれ、さらにA類型には、文系科目を重視した、「人文コース」と理系科目でやや高度な内容を学ぶ「文理コースがある。
  学力の充実を図り、目標を達成できる学習体制の確立に努力している。

2.進路について

 大学教授による学部・学科説明会、進路情報業者による進路講演会、多様な職種の職業人による職業人講演会など、外部講師を招いた講演会や、大学見学などを行い、目的意識をもって進路選択ができるように指導をしている。また、1年生は夏休み、2年生は夏休みから英・数・国3教科、3年生は4月から5教科の進学補習を行い、進路実現に向けた学習指導体制も充実している。

3.部活動

  部活動は大変活発で、現在は運動系18部、文科系11部があり、1年生はいずれかの部に所属している。施設も充実しており、顧問の先生の指導のもとに、どの部も熱心に活動している。
[PR]

熱田高校   

2008年 08月 11日

偏差値 48・0  内申点 33

1. 学習について 

 1学年では、OC(オーラル・コミュニケーション)を少人数で履修している。2学年においては、理科、社会、芸術、3学年では国語、社会、数学、理科、外国語、の授業を選択・少人数履修で実施している。さらに、3学年において類型を設置します。また、授業を重んじ、自ら学ぶ力の育成に努めている。その他、特別活動や文化行事、学校祭などにおいても充実した指導をしている。

2. 進路について

 望ましい進路を選択し、自己の進路希望が実現できるよう必要な能力を伸長させている。「入れる大学」ではなく「学びたい学部」を目指して、安易に妥協を許さない指導に努めている。このことが大学進学後の学習意欲につながっている。

3. 部活動

 10の運動部、19の文化部に1年は全員、2.3学年は希望者が積極的に参加し、成果をあげている。なかでも、サッカー部、陸上部、バレーボール部、バスケットボール部、テニス部、吹奏楽部の活躍はめざましいものがある。   
[PR]